Tシャツの伸びない干し方を画像で紹介!正しい干し方はコレ

スポンサーリンク

Tシャツを伸ばさない正しい干し方ってあるの?

あります。

今回は、Tシャツの伸びない干し方は?正しい干し方はコレ!ということで、正しい干し方をご紹介します!

あなたのお気に入りの1軍Tシャツをダルダルにしないためにも、ぜひご覧ください。

Tシャツの伸びない干し方

【1 】Tシャツを洗い終わった後、すぐに干します

いつも通りに洗濯機でTシャツを洗っておいて、そのままにしておくと生乾きです。

生乾きは臭いが出ますし、お洋服にもよくありません。

シワにもなりますので、洗濯機から取り出した後は、すぐに干すことを心がけていくようにしていきましょう。

【2 】Tシャツを広げてシワにならないように伸ばします

Tシャツがシワくちゃのままだなんて嫌ですよね。

洗った後すぐだと水気があると思いますので、水気もとれそうな分だけとってしまいましょう。
伸ばしすぎない程度に伸ばします。

よれている部分を伸ばそうというくらいの感じで十分です。

Tシャツがぴんっとしているな、というところまでできたらOKです。

【3 】洗濯ばさみを使って物干しざおに干す

Tシャツを干すとき、いつもどのようなものを使って干していますか?

ハンガーで干す方は結構多いと思います。

実はTシャツを「ハンガー」で干すと、Tシャツに含まれる水分の重さによって肩部分が沈み、首元まで歪んできてしまいます。

そして部分的にまたは全体的に伸びて型崩れを起こしてしまいます。

そこで、Tシャツを干すときはハンガー」を使わずに、「物干しざおと洗濯バサミ」で干すことをお勧めします。

画像付きでご紹介しますので、ぜひご覧ください。

■ 伸びないTシャツの干し方の基本「ハンガーで干さない」

ハンガーの代わりに洗濯ばさみを使うことでTシャツを干せば、伸びないTシャツのままいつでもきれいな状態を保つことができます。

Tシャツを着たときに肩がくる部分が左右で2つあるのでそこに、洗濯ばさみでTシャツを干せばOKです。

洗濯ばさみは衣類をしっかりと支えてくれますので、必要な分をとめて使うととても便利なお洗濯グッズになりますね。

家にたくさんあると良いでしょう。

■ 伸びない干し方2:「逆さ干し」

干し方の基本と同じように洗濯ばさみで干す方法ですが、Tシャツを逆さにして干すのもOKです。
これが逆さ干しです。

首元に負担がかからないので、首元が伸びません!

■ 伸びない干し方3:「2つ折り」

Tシャツを2つ折りにして干します。

こちらも同じように物干し竿と洗濯ばさみを使いましょう。

2つに折るぶん若干乾きにくくなりますが、Tシャツが最も伸びにくい方法ではないかと思います!

【4 】裏返したまま干す

いつも衣類を干すときは、服の裏と表、どっちで干していますか?

表向きでそのまま干していることもあるのではないでしょうか。

実は表向きで干すのではなく、裏返しにして干します。

裏返しに干すことで乾くのがより早くなり、自然光にあたったときにTシャツのプリントが崩れることを防ぎます。

いままで表向きでTシャツを干していたなら思いきって今回は裏返して試しに干してみましょう。

実際やってみることでわかってくることありますよ。

【5 】洗濯物を干すとき、洗濯物の間と間をあけながら干す

洗濯物を物干しざおに干すときは、衣類同士がくっすぎないように隙間を開けます。

空間を作ってあげると乾きが早くなります。

風通しの良い、晴れた日に干せばさらに乾きやすくなりますね。

  

スポンサーリンク

さいごに

Tシャツって洗ったあと伸びちゃって困っているとき、この機会に正しい干し方にぜひチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする